ホテルの主な予約方法にはどんな種類があるのか

オリジナル見出し01

ホテルに予約する方法は主に、電話で予約する方法、旅行代理店を通して予約する方法、インターネット上で予約する方法の3種類があります。電話で予約する場合の予約手順は、まずガイドブックやホテルのホームページを閲覧し、プランや宿泊料金などをもとに宿泊先とするホテルを選んで、記載されている電話番号に直接電話をかけます。そして、電話に出た宿泊先の従業員に宿泊をしたい旨を伝えます。



予約業務の担当者以外に電話がつながっている場合は、ここで予約担当の人に変わります。

予約担当の人へは利用したい宿泊プランや部屋の種類、宿泊日、宿泊人数などを伝えます。



そして、担当者が部屋の空き状況を確認し、空室があれば予約することができます。

予約する際は氏名、住所、電話番号などをしっかり伝えましょう。

旅行代理店を通して予約する場合は、旅行代理店へ行って、宿泊したいホテルや宿泊日、当日の宿泊人数などを伝えます。代理店の担当者は、伝えられた条件に合う場所をいくつか探しだしてくれるので、その中から宿泊先を決めます。決めた宿泊先に空室があれば、そのまま予約をすることができます。
旅行代理店での予約では、宿泊料金を前もって支払うことができる場合があるのがメリットです。



インターネット上で予約する場合は、予約サイトもしくは宿泊先のホテルの予約専用ページへ行きます。



インターネット予約では、宿泊施設の予約状況はプランごとに確認できるので、これを閲覧して空室がある場合に予約の手続きを行います。予約は専用フォームに必要事項を入力し、送信することによって行います。予約が完了すると、連絡先に指定したメールアドレスに予約完了を伝えるメールが送信されます。



インターネット予約の場合は、予約内容が記載されているページを印刷して宿泊日に持参しなければならない場合があるので注意しましょう。



関連リンク

  • タイトル21

    出張の時等に利用するホテルは、ただ寝る事が出来ればそれで良いと考える人も少なくないでしょう。ですが、翌日も仕事、もしくは1日元気で過ごしたいと考えるのであれば、滞在時間を快適に過ごせる工夫をしておく事がお勧めです。...

  • タイトル22

    ホテルに予約する方法は主に、電話で予約する方法、旅行代理店を通して予約する方法、インターネット上で予約する方法の3種類があります。電話で予約する場合の予約手順は、まずガイドブックやホテルのホームページを閲覧し、プランや宿泊料金などをもとに宿泊先とするホテルを選んで、記載されている電話番号に直接電話をかけます。...